2017年7月25日火曜日

vol.411 auの新しい料金プラン「ピタットプラン」

(私がauを使っているという事情がありますので)

auから今月より新しい料金プランが誕生しました。
そのうち、毎月の料金が少し抑えられるのではないかと個人的に思った、「ピタットプラン」をご紹介したいと思います。

念のため、言っておきますと、このプランの詳しい内容については、もちろんauのサイトで確認できます。


ここではほぼ個人的主観での説明となりますので、あしからず。
ちなみに私も来月からピタットプランにしました。

今まではデータ定額プランが主流だったような気がします。
というか、私は今までLTEフラットという定額制のプランに加入していたからです。

一定の金額を毎月払うことで、一定の通信料までは制限なく使えるというプランですね。
上限を超えてしまうと、通信速度の制限が発生し、とてもじゃないですが、快適にネットを利用することができなくなります。

しかし、このプラン、ほとんど通信を使わなかった月でも毎月同額を払わないといけないので、それなりに使わないと損します。
だったら、もっと安いプランにすればいいじゃん!と言いたくなりますよね。
元々毎月そんなに使わないというのであれば、それでもいいと思いますが、各々の事情もあると考えると、そういうわけにもいかない人もきっといるはずです。
私もその一人かも…。

そんな人にピッタリなのではないでしょうか。
「ピタットプラン」は、GB単位ではありますが、使った分だけ支払う形になります。

そして、何より嬉しいのは、月々のデータ通信量の上限が20GBまでに上がったこと。
GB単位で料金が変動しますが、5GB以上は、料金が一定。

ピタットプランは、「スーパーカケホ」、「カケホ」、「シンプル」の3つのタイプがあります。

・スーパーカケホは、国内通話で5分以内、もしくは家族間通話であれば、無料。長時間の通話はあまりしない人向けですね。
・カケホは、国内通話であれば、24時間いつでも無料。ついつい電話が長くなりがちな人にお薦めです。
・シンプルは、通話した分だけ料金が発生するノーマルタイプ。通話など全くせず、普段はSNSやチャットなどで済ませる人に向いてます。

上記の通話を利用した料金体系で何となくわかると思いますが、料金が安い順にすると、「シンプル」、「スーパーカケホ」、「カケホ」の順となります。

ピタットプランに限らずですが、プランの変更を考えている方は、いちどauのサイトで内容を詳しく見ることをオススメします。
こんなはずじゃなかった…!とならないためにも。。

2017年7月24日月曜日

vol.410 そろそろ写真の整理を

最初に写真を取り始めたのは、ガラケー時代。
とは言っても、そんなに頻繁ではなく、これは撮っておかなきゃと思ったときだけ。
そう思ったことは早々なかったので、数えるぐらいにしか撮っていない。
…というか、その写真も何処かへ行ってしまいました。

次に安いデジカメを持つようになってから(今も使ってます)、格段に撮影する頻度が高くなりました。
ここらへんから、ようやく鉄道ばかりを撮るようになりました。
タイミング的には、ICレコーダーで走行音を録るようになったのとほぼ同時期です。
保管方法は、単純にSDに入れっぱなしの状態。
頻度が高くはなったものの、SDカードの空き容量がほとんどなくなったのは、そこからだいぶ時が経った頃。

その時は、とりあえずPCに全部移動。

一時期、Androidスマホを持っていた頃もありましたが、それもMicroSDカードに保存しっぱなしではありましたが、デジカメほど撮ることはあまりなかったので、そんなに残っていません。

iPhoneに変えてからは、ほぼ1日1枚以上撮るようになりました。
そのころから、SNSに色々と投稿するようになったというのもありますが、何と言っても、iOSのカメラアプリはシンプルな操作で撮影がしやすい。
なので、基本画質をあまり気にしない私にとっては、気軽に撮ってしまうわけです。

そんな感じで今日まで撮ることが増えている日々が続いているわけですが、トータルで考えるとものすごい枚数になるわけです。
というわけなので、そろそろ整理をしなきゃなぁという感じなのです。

基本、iOSで撮った写真は、iCloudに保存していますが、iCloudだと容量の限界が来てしまうので、高画質のまま圧縮なら、容量無制限のGoogleフォトにも同期をとるような形で、保存しています。

Googleフォトをベースに、念のため、ローカルにもバックアップということで、外付けのHDDに保存ということもして、その他の場所に保管されているものは、移してから削除してスッキリさせる…という感じで考えています。

しかし、いつもながらホントにやるのか?という疑問もあります。
いや、やります。
もう、多すぎて既にどうしようもない状況ですが、今後も撮るだろうしということを考えると、近日中に始めようと思ってます。

2017年7月23日日曜日

vol.409 疲れがたまりすぎると…

昨日は、いつも通り始発から水戸へ移動して、帰宅が23時半頃になりました。
そうなると、翌日の日曜日、いくら家の中の予定を立てたとしても必ず午前中寝落ちしてしまい、気づいたら昼食の時間。
そして、予定が破綻してしまうという流れがパターン化してしまっています。
今日は何とか抗って、いつもより少しやることを淡々とやれるよう進めてはいたのですが、ちょっと油断したらいつの間にか昼間で寝てしまい、今、昼食を済ませました。

無理に抗わずに休息をとるというのが、一番身体に負担が少ないとは思うのですが、そうも言ってられませぬ。

そこで、行く前の記憶に遡ると、始発で移動する直前にほとんど寝ていないことに気づくわけです。
以前は、いつもの睡眠時間より短いものの多少目をつぶる時間を確保していましたが、ここ最近はそれさえも我慢しています。

これには理由がありまして…。
前にそれで大遅刻をしてしまって、4時半過ぎに出るつもりが、起きたのが6時半ということがあったため、どうしても前日睡眠をとるのに抵抗があるからです。

ではそうならないためにはと、再び記憶を遡ると…。
結局日々の特に平日はしっかりと睡眠をとらないとダメだという当たり前の結論に達するわけです。

話は逸れますが、こういった理由を辿っていくと最終的に本来の原因や理由に行き着くという手法、プライベートでは結構すんなりできてしまうのですが、仕事ではなかなか活用できないという悩みを抱えています。
仕事でどんな作業をするにしても何かしらの理由で作業がうまく進まない時、同じように遡っていけば、作業が進まない根本的原因を見つけられるはずなのですが、文章として書き起こすと簡単なのに、実践すると上手くいかないという事実に苦しんでいます。
どうしたらいいものやら…。

話を戻しまして、最終的にどうしたらいいのかと考えた結果、こういった朝早くから夜遅くまで外出するような日がある場合は、なるべくいつもより早く寝るよう、少しずつ心がけていくしかないという結論に達しました。
いきなり最初からその通りに上手く行くとは思えないので、少しずつそういう風に向けていくしかないようです。

vol.408 茨交撮影&聖地巡礼 2017年7月

今日は、いつもの所に行ってきました。
何も異常なく、時間通りに水戸駅に到着。

どうやら、今日は茨大のオープンキャンパスがあるとのことで、12系統の茨大営業所は臨時便が出ていましたが、それでも高校生たちの
長蛇の列が出来ていました。

最初はいつもと同じく茨大前営業所へ向かう予定なのですが、経由地を変更して多少遠回りではあるものの、比較的空いていた11系統の茨大前行きに乗車。

茨大前営業所での撮影タイムは、遠回りのルートのためか、時間は押していましたが、と
りあえず撮るものは撮って、次へ。

次は大洗。
アウトレット方面へ向かいながら寄り道しつつということをしていたら、昼前になったので、アウトレット近くの中華料理屋へ。

お昼を済ませ、アウトレットの通路を抜けて、仮設となってしまった、まいわい市場とガルパンギャラリーへ。
しかし、個人的にめぼしいものは見つからず、買い物は断念。

それから、大洗駅まで徒歩で移動し、鹿島臨海鉄道で水戸駅に戻りました。

次は勝田営業所。
ちょうど気温が高くなる時間帯ではあったので、ちょっと抵抗がありましたが、幸いにも日が雲に隠れ始めた頃だったので、暑さに悩まされることなく、比較的快適に撮影できました。

今度は一度勝田駅へ戻ってバスを乗り換え、那珂湊営業所へ。
もうまもなく見られなくなるかもしれない車があるとのことで、その車両を念入りに撮影。

ラストは浜田営業所。
ここでもいつどうなってもおかしくない平成2年式の車があったので撮影。
他、個人的に気になった車両を中心にパシャッと。

水戸駅へ戻り、アニメイトで、ごちうさグッズをいくつか買っていつもの時間の列車で帰宅の途へ着きました。

2017年7月22日土曜日

vol.407 一応社会人の自分を考え直してみた

社会人になってはや8年。
自分自身もそろそろ社会人、いや仕事をする人間として少しはまともになってくる…はずなんですが、全然まともになってない。
成長してない。
もはや、自分より後に社会人になった後輩に抜かれている気がする…。

まぁ、職場が結構この8年で変わったので、後輩という後輩はまだいないのですが、少なくとも社会全体で言えば、自分は多くの後輩より劣っているんだよなぁと思うわけです。

理由は何となくわかってます。
自分では、日々これくらい仕事をこなしていれば、自然と成長する…と軽い目標ばかりを立ててしまっているせいで、要は自分に甘いので、成長といえるほど、社会人としてまともな人間になれていない。
実際、他の人は陰で結構努力していて、知らぬ間に自分よりも成長というか立派な社会人に近づきつつある…という気がしてならないわけです。

で、あれば答えは簡単で、今までの考えを捨てて今まで以上に自分に足りないものを身につけるべく日々努力をしていくだけなのですが。。

口で言うのは簡単ですが、そうそう持続できるものではありません。
だって、そんなのが簡単にできていたら、8年後の今どうなっていたか。

じゃあ、どうすればいいんだ。
もしかしたら、自分と同じ悩みを抱えている人がいるかもしれません。
ですが、このブログでは答えは出ません。
同じ悩みを共感する程度で終わってしまいます。

でも、それだとあまりに不親切なので、自分なりに考えてみました。
自分が社会人の仲間入りにはなっているけれども、社会人として何が足りないのかを改めて考え直すこと。
多分いっぱい出てくるでしょう。
でも、それを一度メモなりノートなりに書いてみることです。
そして、書き終わったら、その中で何が一番不足しているのかまたは今の状況で改善しなきゃいけないのかを考え、まとめたものに優先順位をつけてみます。

そこからは、当然優先順位が高いものから順番に努力をして、身に付けたり克服していくのです。

…なんか、これだとまだ軽い感じがしますが、ポイントはまとめたものを一気に全て改善や克服をしようとしないことです。
そんなことをしようとすれば、頭がパンクしますし、なにより長続きしません。
その前に発狂してしまうかも。。

とりあえず、1つずつきっちり完了させようという気持ちで焦らずゆっくりにすすめていくのが重要だと思います。
焦ってもこれまた、一度にやろうとした場合と同じ結果になってしまうでしょうから。。

…と偉そうに書きましたが、自分自身もそうやって見つめ直そうとこの記事を書きながら思ったので、実践しようと思います。

参考にするかしないかはあなた次第ですが、あくまでも自論なので、クレーム等は一切受け付けません。(あっても無視)
あしからず。

2017年7月20日木曜日

vol.406 夏休みは九州へ

今年の夏期休暇は、九州へ行くことになりました。
親戚がいるっていうのが一番の大きい理由ではありますが、なるべく一年に一回は行くようにする…というふうにしていることも起因しています。

しかし、一年に一回行くようにするとは言っても、日程を決めるのは大変です。
前回は、去年の11月に行きましたが、その時は、ちょうど会社を入れ替える時期で有休を一気に消化することになったため、そこに合わせたわけです。
長崎へいくとなると、少なくとも一週間ぐらいは余裕をみておかないといけないので、そうなるとどうしても長期休暇になりやすい時期にしか行けなくなるわけです。

今回は、社会人になってから今まで一番長い休みになりそうなので、そこに焦点を当てたわけです。
基本的に関東と九州は距離があるわけなので、その分移動代もばかになりません。
なので、少しでも抑えようと飛行機の移動と宿泊がセットになったツアーを利用するわけです。
こういうのって、早く予約しないとすぐ売り切れちゃいそうと思いますが、意外と残っていたりします。

なので、問題なく予約することができました。
しかし、よく考えたらお小遣いサイトの「モッピー」経由からでも利用でき、経由での予約でモッピーのポイントもたくさんゲットできることを後から知って後悔という思いもしました。。

さて、毎回行く度に思うことは、ちゃんと予定を立てようということ。
とりあえず、行って済ませるべきことは済ませて後は…どうしよう。。という感じで何の計画も立てずに終わってしまうということが恒例化しつつあります。
なので、まぁ、毎日どこかに行くとまでは決めなくても、それなりに考えておかないとなーと思うわけです。

そして、ここ最近困っているのは、ネットの問題。
去年の11月のときにもボヤいていたのですが、基本は家に泊まるわけなので、ネット環境がないんです。
もちろん、モバイルWi-Fiを持ち込んだり、キャリア通信を使ってしのぎますが、ここらへんも控えめにしとかないと、関東に戻ってきた頃には、月の上限を超えて、8月の残りは苦しい思いをしないといけないわけです。

というわけなので、その期間中のブログの更新についてはなく、関東に戻ってきてから、滞在した日数分の記事をまとめて投稿する予定です。

1日1記事投稿というルールは、勝手に決めたわけなのですが、一応守っておきたいので。

2017年7月19日水曜日

vol.405 今日の雑記 2017年7月19日

・昨日の話になりますが、関東を中心に猛烈な豪雨がありました。
 神奈川県内は、突然の大雨・雷・強風で威力としては台風並かそれ以上のような気がしました。
 また、都内ではあちこちで雹が降り、窓ガラスが割れたり、屋根が破損するなどの被害が発生しました。

仕事場でも、突然の大雨・雷・強風の後、落雷の影響か一瞬ではありましたが、停電しました。
一瞬と言えども、電気が寸断される瞬間があるわけですから、全てのPCが強制的な電源OFF。
電源ボタンを長押しした結果と同じ状況になりました。
そんなわけで周りでは、それまでの作業を保存していなかったがゆえの「あ~」という声があちこち聞こえてきました。。

 これまで、例年のように大気が不安定という予報が何度も耳にしてきましたが、ここ数年は、それが結果的に災害を引き起こすほどの大嵐であったということが多い気がします。
やはり、温暖化の影響なのでしょうか。

このブログでは何度か言っていますが、今年はスーパー猛暑というほどの数年に一度の暑さが厳しくなる年だと言われています。
気温が高くなるということは、それだけ激しい上昇気流が発生しやすくなり、それが大きな積乱雲を作り出すきっかけになります。
そうなってきてしまうと、大雨・強風・落雷・竜巻・雹、どの現象が発生してもおかしくない状況になります。
雲が大きいということは、それだけパワーがありますから、災害に繋がる可能性も高くなります。

夏休みに海や山、キャンプなどのレジャーの予定を立てる際も、今まで以上に天気を意識した方がよいでしょう。

・というか、7月も下旬ですかね。
学生さんは、そろそろ1学期の修了式で夏休み突入か!?
と思ったのですが、最近の学生って以前と比べて夏休みが短くなってるんですよね。

私が学生の頃、20年前は、海の日が夏休みの始まりで、8月丸々休みというのが当たり前で、高校ぐらいから、8月最終週から2学期が始まる…という感じでした。

でも、海外なんかだと2,3ヶ月の長期の休みがあるんですってね。
羨ましいと思いつつ反面、その休みが終わった時にすぐに切り替え出来るのか!?という心配もしてしまいます。
学生だからまだいいのかもしれませんがね。
会社で働いているという立場だったら、仕事に支障をきたすこと間違いなし。

まぁ、海外の話は置いといて、学生時代のような1ヶ月以上の長期休暇はもう二度と体験できないだろうなぁと思うと、今度取れるかもしれない10連休の休みは、かなり貴重かも。
でももう予定を入れてしまったんですよねー。
なので、休みにならないと非常に困る。。
え?なんの予定かって?
えーと、それは、このブログで後々書くことになるので、その時に。

2017年7月18日火曜日

vol.404 英字配列キーボードの設定~Windows 7編~

今回は、Windows 7での方法となります。

Windows 7では、レジストリをいじるため、誤った箇所をいじると、OSが起動しなくなる恐れがあるので、実践する際は、慎重に行ってください。

①まずはレジストリエディタを起動します。
 起動の仕方がわからない方は、ググってください。。

②レジストリエディタが起動したら、「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters」まで辿ります。
左側にある、ツリー構造みたいなところを確認しながら、追っていきます。

③いくつか登録されていますが、以下を変更します。
・LayerDriver JPNの値を「kbd101.dll」に変更。
・OverrideKeyboardIndentifierの値を「PCAT_101KEY」に変更。
・OverrideKeyboardSubtypeの値を「0」に変更。

変更方法は項目をダブルクリックすると、ウィンドウが出てくるので、「値のデータ」のところに、値を入力します。

場合によっては、登録されていない場合もあり、その時は新たに作成する必要があります。
右クリックで「新規」を選び、適切な項目を選択します。

恐らく、OverrideKeyboardIndentifierまたはOverrideKeyboardSubtypeの項目がない場合があるため、OverrideKeyboardIndentifierは「文字列値」、OverrideKeyboardSubtypeは「DWORD(32ビット)値」を選びます。
「新しい値」と出てくるはずなので、それをダブルクリックして、出てきたウィンドウの「値のデータ」を入力します。

④レジストリエディタを終了し、OSを再起動すれば英字配列のキーボートして認識されるはずです。
念のため、入力テストをしておきましょう。

危険を伴うので、自己責任のもとで行ってください。
この方法によりPCが動かなくなったなどの事象が発生しても、当方では、責任を負いかねますので、あしからず。

2017年7月17日月曜日

vol.403 英字配列キーボードの設定 ~Windows 10編~

昨日、英字配列のゲーミングキーボードが届き、早速PCにつなげたところ、あっさりと英字配列のキーボードと認識してくれるのかと思いきやそうではなかったので、設定方法を残したいと思います。

Windows 10と7で使っているのですが、設定方法が異なるので、2回に分けます。
今回は、Windows 10の方法です。

多分、日本語版のOSで、英字配列のキーボードを使おうと思うと、何故か日本語キーボードと認識されてしまうことがほとんどです。
英字配列と日本語配列では、キーボードのキーの数や記号などをの入力箇所が異なるため、異なった配列の認識をされてしまうと、入力に支障が出ます。

まずは繋いでみて、記号などがキーの刻印を参考に正しく入力できているか、メモ帳などで試してみましょう。
それで異なる記号が入力されたら、以下の方法で設定しましょう。

①スタートボタンで「設定」を開きます。

②「時刻と言語」を選びます。

③「地域と言語を」選びます。

④「日本語」を押し、その後に出てくる、「オプション」ボタンを押します。

⑤おそらく「キーボードレイアウト」がデフォルトでは、「日本語キーボード(106/109キー)」となっているはずです。
画像では、既に設定済みのため、「英語キーボード(101/102キー)」となっています。
「レイアウトを変更する」を押します。

⑥「日本語キーボード(106/109キー)」となっているところを「英語キーボード(101/102キー)」に変えると、「サインアウト」ボタンが押せる状態となりますので、「サインアウト」ボタンを押して、再ログインします。

⑦再ログイン後、英字配列のキーボードとして、使用できるようになっているはずです。
念のため、入力テストをしておきましょう。

一応、Windows 10の方では、英字配列にも対応できるよう、選択肢が用意されていましたが、正直設定方法がわかりませんでした。
同じように苦労された方もいるのではないでしょうか。

次回は、Windows 7の設定です。

2017年7月16日日曜日

vol.402 ゲーミングキーボード到着

お昼頃に機能注文した、ゲーミングキーボードが到着しました。
VAVAというブランドのVA-GE001というキーボードです。
真っ黒い箱でやってきましたが、側面には、ちゃんとロゴなどが書かれています。

箱を開けて、袋から取り出すと、これまた真っ黒のキーボードが登場。
そして、英字配列です。

早速、PCに取り付けて、PCの電源を付けてみると、少しして、バックライトが点き、左から右へスクロールするようにカラフルにイルミネーションし始めました。
こういうのが欲しかった!
こういった、カラフルにイルミネーションするものって、15,000円以上するんだろうなぁと思っていましたが、6,000円台でこういうものがあるとは思いませんでした。
前の記事でこういったキーボードは、値段が高くなると書いてしまいましたが、かならずしもそうではないということをここで訂正させてください。。
さらに驚くべきことは、この値段で、イルミネーションのパターンがいくつも切り替えられること。
一部だけ紹介すると、イルミネーションのスクロール速度を変更したり、スクロールの向きを変えたり、キーの色がランダムに変わったり…など、バックライトだけで色々と楽しめます。
パターンの変え方は、F1~F12キーと一部のキーに丸印の様々なアイコンが書かれているため、これらのキーをFnキーと一緒に押すことで、切り替えができます。

また、キーの打ち心地としては軽やかでいい感じですが、音は結構するので、夜中など静かな環境で打つには、ちょっと向かないですね。
また、一般のキーボードと比べると、バックライトがあるせいなのか、若干重いです…が、キー入力では全く障害にはなりませんね。

あと、初めてPCにつないで自動的に英字キーボードとして、認識してくれるかなぁと思いましたが、どうやら日本語キーボードとして認識されてしまいました。
このあたりは、設定を変えないといけないようです。
これは、必ず起こるものなのかは分かりませんが、次の記事でその設定方法をご紹介します。

2017年7月15日土曜日

vol.401 3連休初日の買い物

3連休初日である、今日しか外出なんかしません。

いやー、やっぱり暑かった。
なるべく日陰を歩くようにしていましたが、どうしても日陰がないところがあるものでやっぱりきつい。

で、今日はキーボード2種類とシュレッダーばさみを買いに横浜駅へやってきました。
なんでそれが欲しいのかは、昨日の記事で書いたので割愛します。

ヨドバシの2Fはパソコン周辺機器のコーナーになるので、キーボードが並んでいるところへ。
まずはゲーミングキーボードを探してみましたが、なかなかこう自分の思っている理想のものが見つからず、結局Amazonで事前に目をつけていたものを注文。
しかも、運が良いことにちょうどタイムセール中だったので、割安で購入できました。
ラッキー(*´∀`*)

続いて、仕事用でもう一つ。
値段が1,000〜3,000円代に絞り、その中から、色々と試し打ちなどしながら吟味した結果、これにしました。

なんとマウス付きで1,570円。
しかもMicrosoftなので、使い心地も期待できそうです。

ヨドバシでの用が済み、ダイソーに向かいました。
事務用品のコーナーに通常のハサミと並ぶ形で、シュレッダーばさみはありました。
シュレッダーバサミはいろんなところから出ていますが、5枚刃で300円は今のところダイソーでしか見たことがないのでこれにしました。
すぐ壊れてしまうということがなければいいですが…。

さて、ホントはここで今日のミッションは終了なのですが、帰りのバス待ちで時間があったので、近くにあったホームセンターでドライバーセットを買いました。
メモリやHDDの増設や交換などでネジを外すことがあったのですが、稀に家にあるのでは、外せないタイプのもあったので、いつか買っておかないとなーと思っていたものです。

明日は、Amazonからゲーミングキーボードが届くので、そのレビューでもしたいと思います。

2017年7月14日金曜日

vol.400 今日の雑記 2017年7月14日

・普段、私はメガネをかけて生活しているのですが、見事に今日、自宅にメガネ忘れてきて出勤してしまいました。
原因ははっきりとわかっていて、日頃のメガネをしまう習慣にありました。
メガネを普段かけている人にしか伝わらないかもしれませんが、メガネって基本かけないときって、ケースにしまいますよね?
私の場合は変わっていて、寝る前に外す時は、とりあえずわかりそうな所に適当に置いて、家を出る前にケースにしまっていきます。
この習慣のせいで、今日ケースにメガネが入っていると思いこんでしまい、いざかけようとした時にケースの中が空っぽという失態をしました。

最初から最後までPCをバリバリ使う仕事なだけに、裸眼での作業はほんとにキツイ…。
普段より、モニターを少し前に持ってきて、姿勢は若干前かがみ状態で。
それでもちゃんとは見えないので、目を少し細めてなんとか見えるぐらいにまで調節するという、非効率極まりない状態でした。

なんとかいつもと同じぐらいの仕事の進み具合で済んだわけですが、当然ながら目が痛い。
正直、この記事を書いている今もきてます…。

これを教訓に、メガネをしまう時は、必ずケースに入れるという、一般常識を今さらながら徹底しようと思います。。

・明日から3連休。
だからといって、特別やることはありません。
土日休みで特に何の予定もない週末は、1時間程度の散歩を決行しようと意気込んでいたのですが、やはりこの時期になりますと、熱中症がかなり心配になります。
おまけに日差しもキツイから無駄に焼けて、後が大変…など、夏にやるのはよろしくない…ということで気温が落ち着くまでは散歩はしばらく休止。。
3連休、強いて予定していることとしたら、買い物に行くこと。
十分ちゃんとした予定ですね。。
ここで買おうと思っているのは、キーボード2種類とシュレッダーバサミ。

一つずつ解説しますと、
キーボードは、前々からこのブログで書いていた通り、バックライトのイルミネーションが最高なゲーミングキーボードと仕事場で使うフルキーボードを買うこと。
なので、2種類。
仕事用のは、今使っている仕事場でのキーボードは何となく反応が悪いし、なんとなく汚い。
入念に掃除したいところですが、仕事場でそんなことできるわけでもないし、かと言って持ち帰って掃除するわけにもいかない。
そうなると、自前で用意するしかない。
そんな結論に至ったわけです。

シュレッダーばさみは、部屋の掃除で紙類を出来る限り、負担が少ない形で処分したいからです。
負担というのは、手に来る疲労感。
家で紙類とくに住所などが載っている類は、手回しタイプのシュレッダーで裁断しているのですが、如何せん、やっているうちに刃に紙片が絡まり、手で回しても重くてなかなか動かなくなります。
刃についている紙片を取り除けばまた軽くなりますが、そんなことを繰り返していたら、時間の無駄だし、効率が悪い。
かと言って、オフィスにあるようなでかい筐体を置くわけにもいかないので、このシュレッダーばさみというわけです。

ということで、3連休の買い物は以上で、後は片付けと諸々勉強も進めなくては…という感じです。

2017年7月13日木曜日

vol.399 auのデータ通信量上限を確認

スマホや携帯電話の月々のデータ通信量はだれでも気になるものです。
上限を超えると、基本的に回線速度が制限されてストレスを感じるほど遅くなります。
そんな事態を少しでも避けるべく、毎月の通信料を気にする必要があるわけですが、
使用量は、Myauのアプリなどでも確認できますが、肝心の上限容量は確認できません。

昨日、来月すごい使いそうなデータプラン変更を考えていた時にふと上限がどれぐらいか知りたくなったので調べていたのですが、結構手こずったので、記録したいと思います。

①まずはブラウザでMyauのサイトに行きます。

②ログインボタンを押下。ログインしたことが一度もなければ、電話番号や暗証番号などを聞かれるはずなので、それらを入力してログイン。

③トップページに飛ぶので、「スマートフォン・携帯電話」をタップして、このような画面を出します。

④少し下にスライドし、「データ使用量」横の🔽をタップすると、出て来る「データ利用量(内訳)の確認」をタップ。

⑤<参考:昨日までのご利用データ量>の中にある、「LTE通信量合計」横にある「内訳」をタップ。

⑥「今月分」の中にある、(適用中閾値)に記載されている容量がその月の上限になります。

今のところ、ブラウザでしか確認できません。
早いところ、Myauアプリで気軽に確認できるよう、対応してもらいたいところです。


2017年7月12日水曜日

vol.398 スマホのデータプラン変更を検討中

このところ、移動中は暇さえあれば、ずっとスマホでなにかしらやっています。
何かしらというのは、全てキャリア回線を使ったものになります。

データ量を気にしないでやっているので、いつ高額な請求が来てもおかしくない…❗
というちょっと危なかっしい生活です。

その昔、携帯電話を持ち始めて間もないころ、親からは「携帯でインターネットは使わないように」とよく注意されていました。
その当時、パケット代だけで最高45,000円を超えたことがありました。
なんでそんなに超えたのか。
その頃、マイブーム的な感じで携帯でパズルゲームにハマっていました。
どうやら、そのゲームをプレイする度に通信が発生していたようで、そんなことは気付かずにひたすらやっていた時期がありました。

今では、当然ながら自分の分は自分で払う形になっていますが、このところ通信を使う傾向が多いです。

こうなったら、いっそスマホを断ち切る…ではなく、今のデータプランを見直してちょっと高めのプランに変更しようかなと考えています。
ということで、今度の週末、auショップへ行ってきます。

そもそも今なんのプランに入っているかもわからないどうしようもない状況なので、まずは今のプランを確認して、店員さんに外出中にネットを使う頻度が高くなりそうなので、プランを変更したい旨を伝えた上で、どのプランに変更するのが適切なのか相談して決めようと考えています。

というのも、来月お盆の時期にかけて、10日間ほど親戚の家に行くことになり、その間ネット環境がないため、キャリア通信に頼らざるを得なくなるわけです。
極力抑えようとは思いますが、多少使うことになったとしても、やはりそれなりのデータ量にはなりそう気配がするというのがきっかけの一つとしてありました。

…といろいろと書いて実際いつものどのぐらい使っているのか気になったので、調べてみました。
今月は0.22GB。
まだ、220MBしか使っていませんね。
残りのデータ容量は、今月に関してはau長期利用のボーナス容量が付くので、9GB。
約8.78GB余裕があります。。
通勤の行き帰りはなるべくポケットWi-Fiを使うようにしてかなりケチっていたので、あまり減ってなかったのですね。。

普段の使い方では毎月かなり余っているのがわかったわけですが、しかし、キャリア通信だけにしたらどうなるんだろう…とやはり気になるところです。
これだったら、auショップに行かずともギリギリ今のままで大丈夫そう!?と迷っている最中です。。

ちなみに、データ容量の上限を確認する方法がかなり手こずったので、次の記事でご紹介します。

vol.397 MacでWindowsアプリを使う

昨日の記事にも書いた通り、Macで作った画像をWindows上でツールを使ってLED画像に変換したら、上手くいかなかったので、MacでWindowsのツール(アプリ)を無理矢理使えるようにして変換したらうまくいきました。

わざわざMacでWindowsのアプリを使わなくても…と思われるかもしれませんが、案外便利なツールやアプリがWindowsで動作するもの(.exeや.msi)しかないことが多く、それをMacでも同じようにしようと思ったら、こういう手段を使わざるを得ないわけです。

前書きが長くなりましたが、具体的に説明します。
昨日の記事にも書きましたが、Wineと言うものを使いました。
説明するのも面倒なんで、Mac上でWindowsアプリを動かせるようにするための仕組み…とだけ覚えておけばいいです。
他、詳しい仕組みを知りたい時は、各自で調べてください。

Wineの入手先は

WineHQ - Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and macOS

ページに飛びましたら、
右側の「Download」を選び、

「macOS」を選択。

ちょっとわかりにくいですが、「Installing WineHQ packages」の中の「Installing:」に書かれているリンクをクリック。

「Installer for "Wine Stable"」を選ぶとダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したら、ダウンロードした、「winehq-stable-x.x.x.pkg」を実行。
流れに任せて、インストールを完了させます。

インストールが完了すると、「Finder」のメニューの「移動」 > 「アプリケーション」に「Wine Stable.app」があるので、ダブルクリックで起動します。

すると、こんな画面が出てきます。

これは、「ターミナル」の画面で、LinuxやUnixを仕事で使っておられる方は、想像がついているかと思いますが、コマンドでWindowsアプリを指定して実行します。
「wine (パス付きでWindowsアプリを指定)」という形式で入力して実行するのですが、よくわからん!という方は、とりあえず「wine」と打った後に、スペースを一回打ってください。
その後、「Finder」で目的のWindowsアプリがある場所まで行き、アプリのアイコンを「ターミナル」の画面にドラッグします。
すると、
「wine 」の後に、文字が追加されました。これで「Wineを使って、目的のアプリを起動する」という命令文が完成しました。
ここでenterキーを押すと、一瞬「ターミナル」の画面がダーッと文字が出てきて、アプリが起動します。

ちなみに今の実行方法は拡張子が「.exe」のファイルでしたが、「.msi」形式のアプリを動かす時は、「wine msiexec /i 」と入力した後、同様にファイルをドラッグしてenterキーを押せば起動する…はずです。

アプリによっては、正常に起動しないものもあるかもしれません。
しかしながら、Office 2013が動いたというのを何処かで見たので、おそらく大層なものでない限り、ほとんどが問題なく動くと思います。
もし、動かなかったら…Wineのバージョンアップに期待しましょう!

…最後にアプリの使用が終わりましたら、「ターミナル」画面で「exit」と押して、enterキーを押してください。
[プロセスが完了しました]と出たら、赤丸を押して閉じましょう。

※今回は、Kanchi様作成の「LED Maker」を例にご紹介させていただきました。

2017年7月10日月曜日

vol.396 【LED再現】東京メトロ07系 その1

今年に入ってから初めてでしょうか。
LED再現の画像を作るのは、ずいぶんひさしぶりです。
再現ネタは以前ほどではありませんが、スローペースながらネタは増えてきていましたが、全く消化しきれず。
今回久しぶりにしっかりと時間を確保して、作ることができました。

今回は東京メトロ東西線の「快速 中 野」行きです。快速電車では一番スタンダードな行き先ですね。

このタイプは営団時代に登場した形式ではよくあるタイプ。
東西線を走る車両(東葉高速2000系も含む)でも3形式ほど該当しますが、写真からして07系っぽかったので、そうしました。

さて、ここから余談ですが、久しぶりにLED再現をやったので、実は4Kモニターでやるのは初めてでした。
「まぁ、4Kでもなんとかなるだろ」と軽く考えていたのですが、実際にやってみようとすると、なかなか見づらい…。
これでは、時間がかかってしょうがないので、画像作成はMacでつくって、そのつくった画像をWindowsのツールでLED画像にすればいいということになりました。
実際に作って、いざ変換してみようとすると、なぜかうまくいかない。
ツールが固まる…のではなく、読み込み自体が変でかなり圧縮されたような感じで劣化したような状態で読み込まれてしまいます。
当然ながら、その状態で変換するLED画像も惨憺たるもの。。
詳しい理由はわかりませんが、WindowsとMacでは画像ファイルの構成が異なるのでしょう。
実際、過去に作った画像ファイルは、何の問題もなく読み込まれました。

かと言って、やり直すのは正直時間の無駄。
と思い、最終手段として考えたのは、MacでWindowsのツールを使えるようにすること。
当然、そのままの状態では実行すらできないので、Wineというパッケージというのか、ライブラリというのか、どう呼べばいいのかわからないものを導入することによって、可能にしてしまおうと思い立ったわけです。

実際、見事にツールも起動したし、画像の読み込みもLED画像の変換も何の問題もなく動いてくれたので、やり直しすることなく問題解決。

次の記事で導入方法をご紹介したいと思います。


2017年7月9日日曜日

vol.395 シュレッダー

よくオフィスなどで個人情報や機密情報を含んでいる書類などを破棄する時に使われているのが、シュレッダー。
シュレッダーといっても、大きさは機種によって様々ですが、共通して言えるのはやはり場所を取ること。

そして、個人情報を扱っているのは、何も仕事場だけではありません。
自宅にだってあります。
自宅あてに届く、郵便物や宅配便の伝票に自分の氏名、郵便番号、住所、はたまた電話番号や携帯の番号がかかれていたりしますし、個人同士のやり取りであれば、相手の情報も含んでいます。
相手が企業や団体であった場合も同様に扱われることもあります。

そう考えると、自宅でそういった郵便物や伝票などを個人情報などが丸見えの状態で破棄した場合、万が一誰かに拾われてその丸見えの個人情報を悪用される可能性も0ではありません。
そして、悪用されて大きな事件になった場合、その個人情報の入手経路が特定され、漏洩元としてあなたに責任や損害賠償が来たらどうしますか?
まぁ、ここまではかなり可能性が低い事態ではあり、私の大げさな予測も多分に含んでおりますが、少なくとも自宅においても、個人情報が流出する可能性がある事は言えます。

そうなった時に、仕事場と同じくシュレッダーを設置する…と言うのは簡単ですが、一般的な住居でシュレッダーを設置するというのは、正直現実的ではありませんよね。
仕事場ではある程度、広さが確保されているから設置できるわけで、よっぽどの豪邸でない限り、邪魔になってしまいますね。

うちには、自動ではなく、コンパクトな手回しタイプのシュレッダーがありますが、これ、正直キツイです。
最初のうちは軽やかに裁断できるのですが、何度か繰り返していると前に裁断した時の紙片が刃に詰まってきて、手で回すのが辛くなってきます。
おまけにその刃に詰まった紙片を取り除くの作業も結構時間がかかり、気分的には辛い作業を長時間やった割には貰える賃金が少ないという気分です。

で、もっと楽にやる方法ないかなーといつもどおり、Google先生に聞いてみたら、シュレッダーはさみというのがあるそうで、ダイソーで売っているそうです。
残念ながら100円ではなく、300円らしいですが、他で同じようなものを買おうとすると、それ以上になってしまうらしいので、結局ダイソーで買ったほうがお得なようです。

しかし、手回しタイプと比べると、刃に詰まった紙片の取り除き作業が軽減できる分、効率良くできるので、オススメです!…と、使ってもいない身が言い切るのは変ですが、使ったことがなくても良さげなものだと分かるので、自宅用のシュレッダーとして是非!


2017年7月8日土曜日

vol.394 カラオケ

1年に1回あるかないかぐらいの頻度で、何かのきっかけで行くことがあるのがカラオケ🎤。
最近では、「ひとりカラオケ」も密かに流行ってるそうで、誰にも聞かれたくないけど歌いたい、逆に人前で上手く歌えるようになるための練習といった目的の方が多いようです。
…それ以外の理由はないと思いますがね。

私がよく歌う曲は大抵90年代。
ドラマの主題歌になった曲が多いですね。
逆に最近の曲はまったくよく分からんのです。
昔はテレビ📺以外の娯楽がなかったので、いやでも観る時間は多かったはず。
今では、一応部屋にテレビはあるものの、明らかにパソコン💻に目が向いている時間の方が長い。

そんなわけでカラオケで歌うのは20年以上前の多かったり。
しかも、その時にこれなら歌えるというものがなかなか思いつかず、カラオケが終わった後、ふと思い返すと、「あれ?この曲も歌えるんじゃない?」という感じで後出しでいろいろと歌えそうな曲がポンポン出てくるんですよね。
その度に今度行くときまでにちゃんと練習しときたいな~なんて思うのですが、そんな思いもあっという間に忘れて、時が経ち、カラオケに行くという流れになってしまうのです。

本格的に練習するようになる場合を考えると、私も結構「ひとりカラオケ」にハマりそうな気がします。
意外と歌えそうな曲を見つけたり、うまく歌えるようになりたい難易度が高い曲があったりと、それらを解決できれば、歌のレパートリーはもっと増えるんじゃないかと思うわけです。
そして、数少ないレパートリーの中で原曲のキーが高いものも結構あったりします。
声変わりする前の子供の頃は、結構高い声が出ていて、音楽の授業なんかでも、高いパートをよく歌っていたのですが、今はもう完全に無理。
仕方なく、自分の声での歌いやすいキーに合わせているのですが、原曲を聞くと、やっぱり原曲のキーで歌いたくなるものです。
どうやら、高い声を出せるようになるためのトレーニングがあるらしいので、それも取り入れてみようかなぁと思います。
もし、効果がありそうだったら、このブログでもご紹介いたします。


vol.393 TOUGHBOOK CF-33

Panasonicより、法人向けデタッチャブルPC「TOUGHBOOK CF-33」が発売予定です。
特徴
・とにかく見た目がいかにも頑丈そう。もちろん、見た目を裏切らないぐらいにタフな設計になっており、仕事現場でも安心して使えそうです。
しかし、頑丈な割に、身体はかなり柔らかいご様子で、いつもどおりのPCとしての使い方はもちろん、キーボードと切り離してタブレットとしても使えるので、状況に応じて常に使いやすいスタイルに変身します。

・心強いのは、見た目だけじゃなく、もちろん中身も。
①CPUは最新の第7世代Intel Core i5プロセッサ。
②バッテリーで連続稼働は、最大10時間以上で非常に長持ち。
③ストレージはSSDなので、忙しい仕事場でもバリバリに活躍
④画面は12インチでありながら、QHD液晶(2,160 x 1,440)なのでとても見やすい
⑤手袋をつけていても、指が濡れていてもちゃんと反応してくれる操作性のよさ

スペック
OSWindows 10 Pro
CPUIntel Core i5-7300 vPro
メモリー8GB
グラフィックスIntel HD グラフィックス 620(CPU内蔵)
ストレージSSD:256GB
ディスプレイ12.0型QHD静電容量式マルチタッチパネル(2,160 x 1,440)
インターフェースmicroSDカードスロット、SDカードスロット、USB 3.0・2.0ポート、LANコネクター、ヘッドセット端子、HDMI etc…
バッテリー約12.5時間(タブレットのみで約13.5時間)
サイズ313.0mm x 46.1mm x 288.4mm
重量2.76kg
※キーボード装着時のスペックです。

※記事に記載の画像は、パナソニック公式のTOUGHBOOK CF-33の製品ページより抜粋しています。