2017年5月28日日曜日

vol.353 Mac・iOS機器の感圧式

最近のMacBook(MacBook Pro)は、キーボードの仕様が変わっただけでなく、トラックパッドも大きく変わりました。

感圧式トラックパッドと言うものに変わりました。
感圧式は、iOS機器のホームボタンでも採用されています。
iPhoneでは7からそうなりました。

従来は、実際のボタンやトラックパッドを押し込むことで反応する…という説明しても当たり前すぎるようなシンプルなものでした。
しかし、感圧式になることにより、今までの物理的なボタンやトラックパッドではできなかった、操作もできるようになったとのこと。

私自身も今年、新型MacBook ProとiPhone 7 Plusを購入して使っていますが、最初に感じたのは、「トラックパッドやホームボタンの押し心地が今までのとなんか違うな~」
というものでした。
これが、感圧式に変わったことによる影響というのがつい今しがたわかりました。。

後、iPhone 7/7 Plusには設定アプリからホームボタンの押した感覚を変更することができます。
3パターンあります。
これもなんで押した感覚が変えられるのかなーと物理ボタンの感覚で考えていたので、不思議に思っていましたが、これも感圧式だからできることなのですね。

では、そもそも感圧式とはどういうものなのか。
簡単に説明すると…、

機器に感圧センサーが内蔵されており、指が触れると、感圧センサーが指に触れた時の指圧を強さを判断。
その判断した結果に基づいて適切な処理がなされるという…感じなのです。
なので、軽く押した時は、タップ、少し強めに押すと右クリック、さらに強めに押すと…というように指圧の強さを何段階かに分けて操作を切り替えることができるというのが特徴です。

しかし、段階を分けすぎてしまうと利用している側からは、逆に扱いづらくなってしまいます。
操作している感覚では、3段階ぐらいがベストではないかなと感じます。

ということは、普通に目で見えているトラックパッドやホームボタン単体ではまったく押すことができないということです。

試しに、電源が入っていない状態で、トラックパッドやホームボタンを押してみようとしましたが、まったく押すことすらできませんでした。
キーボードやボタンとはまったく関係のないところを間違えて押してしまった時の感覚とまったく一緒。
これは、
感圧センサーが動いているから反応する
ということが言える理由にもなります。

しかし、稀に電源をいれても感圧センサーが反応しないこともあるようです。
感圧センサーがしっかりと動いてくれないということは、いくら機器に電源が入っていたとしても、操作すらできないということでもあります。
これは、MacではSMCリセット、iOSでは再起動することにより、解消されることがほとんどです。
しかしながら、方式が変わっても、それなりのリスクやデメリットが生じてしまうということなのですね。。

手元に持ってないけど気になる方は、家電量販店やApple StoreなどMacやiOS機器が販売されている店頭で操作を試してみてはいかがでしょうか。

2017年5月27日土曜日

vol.352 今年の旅行の計画

毎年数回、泊まりを兼ねた(内容的には日帰りでも十分ですが)一人旅をしています。

一人旅とはいっても、想像しがちな列車に乗って、知らない場所や名所を巡ったり…というようなものではありません。
趣味の鉄道がメインなので、目的地を設定してなるべく通ったことのない経路、乗ったことのない列車などを使ってゆったり乗ることを楽しむというものです。
もちろん、乗り換え駅などで時間があるときに、改札の外に出て駅周辺を見てみたりすることはあります。
そして、乗る列車も楽しみですが、駅弁も楽しみの一つです。
この辺はホントの意味での一人旅と共通しているかもしれませんね。

食べた後に座席でくつろぐひととき。
これもいいですね。
稀に気持ちよすぎて、よだれを垂らして寝てしまう…ということもありますが。

で、この旅、毎回目的地が関西になってしまっているので、方向を変えて東日本に向けてみました。
以前、家族旅行で仙台に行ったことがあるので、再び仙台に行き、鉄道目的で行こうかなぁと考えています。

仙台から往路は仙石線で石巻まで向かい、復路は仙石東北ラインを使って戻ってくる感じ。
珍しく、新幹線以外の在来線の有料特急を使わない経路です。
夕飯は牛タン定食を頂いて、一泊し、朝朝食をとって、早々と帰宅。
簡単にそんな計画を立てています。
実行予定は7月。
梅雨が明けて、本格的な夏到来のところを考えています。
混雑を避けるため、学生の夏休みが始まる前に決行したいですね。


2017年5月26日金曜日

vol.351 あっという間だと思うこと

ついこないだ、誕生日を迎え、来年は30代の仲間入り。
世間では30代からおじさん扱いになるのでしょうか。

そんな徐々におじさんになりつつあるわけですが、年もあっという間に取るとともにものごとについても、あっという間だなと感じることが多々あります。

例えば、居住歴。
今住んでいる家は実家ですが、今のところに越してきたのは、23年前。
ここで、小学・中学・高校・専門学校・そして今も時を過ごしている自分の居場所。
もちろん、これまで様々な出来事やいいこと、よくないことありましたが、それらも色々経験して今があるわけです。
でもその割には、時が経つのがあっという間。
初めて与えられた自分の部屋は今も変わらず。
部屋のなかのものは時が経つにつれて、色々変わりました。
昔はなかったテレビやパソコン。
それこそ、テレビゲーム機は、自分の部屋にはなかったし、クーラーやストーブなんかもってのほか。
社会人になって、ようやく冷風機が置けるようになり、パソコンも家族共用ではなく、自前で持てるようになって。。

そんなこんなで様変わりしてきましたが、学習机とベッドは健在。
あと、部屋の汚さも。。

色々変わっていく中で、一つや二つ昔と変わらないものがあるのは、それはそれで何となくいい気がしてきます。
あ、部屋の汚さは、例外です…!

個人的な趣味の目線で言えば、バスの車齢。
ここでは、路線バスに限った話になりますが…。
特に首都圏や都市圏などで走っている路線バスは、昔は8年〜10年で世代交代していましたが、現在は少し伸びて15年ぐらいが使用されるのが一般的です。
地方などでは、排気ガス規制が緩い地域が多く、首都圏で活躍していたバス車両が地方のバス会社に引き取られて、第二の人生を送る…というケース多いです。
それでも、同じく趣味にしている鉄道の車齢と比較すると、短いものです。
鉄道の車齢も、ピンからキリだったりしますが、30年〜40年。
半世紀近く活躍する車両もあったりします。

さて、話をバス車両に戻ると、いざ活躍を終えて離脱となるとそれから先の歳月もあっという間に。
実は、高校の頃に最後の1本となっていた個人的に好きなバス車両を追いかけていた時期がありまして。
そのバス車両が運用離脱してもう12年。
思い入れが強いものほど、あっという間に感じてしまうのでしょうか。

…といつも以上に記事が長くなりましたが。
他にも考えられるものはありますが、以上で。


2017年5月25日木曜日

vol.350 MacBook Pro用のキーボードアクセサリー購入

先程、楽天でMacBook Pro用のキーボードアクセサリーを購入。

具体的には、エアダスターとキーボードカバーです。
これらを買うきっかけとなったのは、キーボードの掃除をそろそろやらないとなーというのと、実際にMacBook Proの左矢印キーの反応が悪くなったことからです。

キーボードの掃除をやらなきゃなーというのは、キーボードがトイレ以上に不潔であるということです。
もちろん新品で仕入れたばかりというのであれば、清潔そのものですが、それなりに使い古したものであれば、そこはもう細菌の溜まり場です。
環境には個人差があるものの、大抵は、指の手垢や汚れ、お菓子やホコリなどの細かいクズなどが溜まっていくのです。
それを放置していると、いつの間にか不潔な環境ができあがってしまっているのです。
とは言え、キーボードの掃除って結構手間がかかります。
キートップを1個ずつ外して、全部外れたら、キートップをジャラジャラ洗剤で洗って乾かし、キーボード本体のホコリを除去。
キートップが乾いてきたら、1個ずつ嵌め直す。
…というのが従来のやり方で面倒。
ですが、最近はエアダスターの威力で細かい汚れを吹き飛ばして、追いやるという強引なやり方がいいそうです。
追いやったら、少し濡らした付近などでキーについている汚れや手垢を拭き取ります。
それだけ。
だいぶ、時間も短縮されるはずです。

話がだいぶ発展してしまいましたが、もう一つ、左矢印キーの反応が悪くなった件。
これは、前にもこのブログで書いたのですが、普通に押しただけでは、カーソルが左に移動してくれなくて、ちょっと押し方を変えると、反応してくれるという扱いづらさがあります。
これが、先述したキーボードの掃除をやらなきゃという思いの後押しになっただけでなく、今後も同じ現象が起きることを防ごうという考えも生まれました。
そこで、キーボードカバーを装着することにしたのです。

なんせ、19万も出した高級パソコンなので不自由なく使いたいわけです。

2017年5月24日水曜日

vol.349 今日の雑記 2017年5月24日

・MacBook Proを購入してからもうすぐ半年。
最近、左矢印キーの反応が悪くなりました。
「えっ?もうキーの故障?」と思いましたが、なんのことはない、単純に小さいゴミが詰まって反応が悪くなっているだけです。

この反応が悪いという所がポイントになります。
ほんとうの故障なら、反応が悪いどころか、押しても全く反応しません。

今回は左矢印キーなので、文章入力中に文字の左側にカーソルを移動したいときに使うものです。
故障だったら、いくら押してもカーソルは左にいってくれませんが、押し方によっては左に移動してくれるので、完全なる故障とはいえません。

要は、早くエアダスターを買って対処しろよということなんでしょう。
この反応の悪さでイヤになる前に買っとこー。。

・Notesというのをご存知でしょうか。
当初は、Lotus社が発売していたものですが、現在はIBM社が販売しています。
過去に専門学校の情報コミュニケーションツールとして使った経験がありますが、今の仕事で久しぶりに使いました。
専門学校の頃はほんとに閲覧するだけでしたが、今の仕事では、作ることも結構あります。
結局、Notesって何なのかというと、メール、カレンダー、文書作成など仕事を効率よくこなすためのお助けツールと言う感じでしょうか。
すみません、私もよくわかっていません。
今の仕事では、プロジェクト管理でNotesが活用されていて、プロジェクト別で、不具合管理、リリース管理、開発管理など様々な作業を文書でまとめたりしたものをDBという大きな単位で管理しているという感じです。

ただ、Notesに関しては、使い方次第ではなにも仕事用だけでなくても、コミュニケーションツールとしても活用できそうなものでもあります。
なので、専門学校の時は、仕事としての使い方ではなく、学校の行事や掲示板といった情報を発信するためのものとして使っていたのだと思います。

とは言え、何年たってもNotesというツールは今いちよくわからないことが多いです。。

2017年5月23日火曜日

vol.348 絵が上手くなりたい…!

その昔、よく模写や鉄道・バスなどの乗り物の絵を楽しく描いていた時期がありました。
絵とはいっても、絵の具をなどの基材を使った本格的なものではなく、紙と鉛筆を使って簡単に描くといったものです。
特に、紙に関しては、自由帳のようなものに書くことがありましたが、なかなか買ってもらえないこともあり、新聞に付いてくるスーパーなどの広告の裏紙が大変貴重な資源であったため、よくそこに描いてました。

…といった感じで子供の頃は、乗り物系が主だったものの、物ばかり描いていたためか、人物画は全くの不得意。

しかし今や、いい加減アニメオタクと認めなきゃいけない部類に入っているほどの二次元好き。
二次元の女の子をただ見るだけでなく、自分でも自由自在に描けるようになりたいと思うこともしばしばあります。
ここ最近は、その思いが特に強いせいか、空いた時間を見つけては、描く練習を少しずつ始めるようになりました。

とは言っても、今の段階は二次元の絵をちょろっと眺めて特徴を少し覚えたら、その記憶を頼りに描いてみる…と言った感じ。
ですが、描けるのはどれも期待はずればかり。
なかなか、自分の思っていた通りのものを描くことができません。

特に、眼が難しいですね。
二次元のキャラクターの眼は、どの絵のタッチでも色々と特徴があるため、コツを掴むのが大変。
でも、キャラクターの顔の見た目は眼が大変重要になってくるので、ここをマスターしなければどうしようもない。
どうすれば…という感じで格闘している最中です。

そういうわけで、アニメ好きで好きなキャラクターをスラスラと描けてしまう方を大変尊敬してしまいます。
あー羨ましい…(*´ω`*)

早く自分もそのようになるべく、今後もめげずに練習していく所存です…。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
pixivイラスト完全ガイドフリ-ソフト徹底活用!
価格:1851円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)

2017年5月22日月曜日

vol.347 スタンプビジネスは詐欺!

モッピーでポイントを貯めていると、たまに画面上部にこんな広告が表示されることがあります。

「1日5分LINEスタンプを送るだけ」

今までは、見かけるたびに今はいろんなお金の稼ぎ方があるんだな―と思って、見過ごしていました。(ほんとは若干怪しいな〜という感じましたが)

あまりに見かけることが多くなったので、興味本位でリンクに飛んでみました。

「1日5分LINEスタンプを送るだけ」の詳細がズラ~と表示されました。
普段使っている、LINEのスタンプを運営側から依頼があったときに、LINEでスタンプを押して、返信すると報酬が得られるという内容です。

登録方法は至って簡単で、メールアドレスを送信するだけ…と言った感じ。
いわゆる、「スタンプビジネス」というらしいです。

リンク先には、このスタンプビジネスを初めて、お金を沢山稼げたといった、歓びの声が掲載されていました(もちろん偽りです)。

「なんだ、自分にも稼げそう、始めてみようかな」と、悪魔の声に手を差し伸べようとしましたが、「ちょっと待てよ?ほんとにこれ稼げるのか?」と、怪しい感も否めなかったので、Google先生に「スタンプビジネス」について聞いてみました(ただ、Google検索しただけですが…)。

そしたら…、はい、やっぱり詐欺決定!
決定打となったのは、実際に登録したときの体験談。
http://netbiz7777.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

この方のブログで、メルマガ登録であやしいメールがいっぱい送られてきて、結局スタンプビジネスはどうなったんだよ!というぐらい、スタンプの依頼は来ないようです…。
騙される上に、メルアドが流出して、変なメールがやたらと送られてきそうな気がします。

2重に無駄だし、危険なのでこんな美味しい話に引っかからないよう、十分お気をつけください!
…騙されかけた者が言える身分ではありませんが…。